ブラックフライデーの市場規模を解説します

ブラックフライデーの市場規模を解説します

ブラックフライデーは最近日本でもよく聞きますよね。ブラックフライデーはもともとアメリカで行われていた大規模なセールのことです。

Advertisement

大規模なセールということで消費も行われるのですが、
実際、このブラックフライデーの市場規模はどのくらいなのでしょうか?

ここではブラックフライデーの市場規模について解説をしたいと思います。

Advertisement

ブラックフライデーの市場規模ってどのくらい?

ブラックフライデーの市場規模

ブラックフライデーは最近日本でもよく耳にしますよね。

ブラックフライデーとはアメリカの感謝祭である11月の第4木曜日の翌日の
金曜日のことを指します。

Advertisement

このアメリカではクリスマスはお店を休むことが多く、
年末に向けての消費を促すために大規模なセールが行われます。

大規模なセールですので、値引額も大きく50%近く値引きになるものもあります。

感謝祭の翌日ということで、昔はアメリカ独自のセールでありましたが、
近年では日本でも行われるようになってきました。

Amazonや楽天などのネット通販の他にも、
イオングループやコストコなど実店舗のお店でも
ブラックフライデーが行われるところも多いです。

ではそんなブラックフライデーの市場規模はどのくらいなのでしょうか?

解説をしていきます。

ブラックフライデーの消費は年々右肩上がりで上昇をしています。

アメリカのブラックフライデーでの市場規模は7300億ドルとも言われ、
アメリカの人口の半分ほどがこの時期にショッピングを行うとされています。

ブラックフライデーで購入が行われるものとして家電やおもちゃ、
食料品という傾向が多いようです。

これは上記の通りアメリカではクリスマスはお店を休むことが多く、
家族でクリスマスを過ごすための準備として、
ブラックフライデーの消費が進むからとされています。

これだけの消費が進むということからブラックフライデーが、
アメリカの人たちにとって馴染んでいることがよくわかりますね。

実際、アメリカではブラックフライデーはお祭り的な要素が強いです。

ブラックフライデーセール期間はお店の開店時間が伸びたり、
お店によっては感謝祭からブラックフライデーまでぶっ通しで営業をしていたりと、
日本とは気合の入りようが違います。

これらの市場規模からも分かる通り、ブラックフライデーは、
アメリカ経済にとってもとても重要な立ち位置にあります。

Advertisement

ブラックフライデーの市場規模をもっと解説!

ブラックフライデーの市場規模

ブラックフライデーですが、このようにアメリカにとって、
大きな市場規模を誇っています。

しかし、近年少し異変が起きています。

ブラックフライデーですが、全体の市場規模としては毎年右肩上がりで
上昇をしているのですが、それを後押ししている要因があります。

それはオンラインショッピングです。

ブラックフライデーでの市場の伸びは3から4%となっており、
年々上昇をしています。

しかしオンラインでの売り上げの伸びは20%近く伸びているところもあり、
ブラックフライデーでの市場規模にオンラインショッピングが
大きく伸びています。

ブラックフライデーの市場規模が7300億ドルに対して、
オンラインショッピングの割合は1700億ドルとの調べも出ており、
オンラインショッピングが重要な割合を占めていることもわかりますね。

これらの市場の中でもスマホやタブレットを経由としてECサイトの
購入割合が増えているという調べも出ています。

スマホやタブレットの普及によって、よりオンラインショッピングが一般化され、
誰でも気軽にブラックフライデーを楽しめるということですね。

そして、オンラインショッピングで人気を集めた商品というのも、
ゲーム機やMacBook、ワイヤレスイヤホンということがわかっており、
若年層を中心とした購買層が主に利用していることがわかりますね。

またブラックフライデーでは中小小売より、大手の小売の方が、
売り上げを大きく伸ばすというデータもあります。

これは、大手の方が大規模なセールを行いやすく、
また店舗間での価格の対比をしやすいからと言われています。

オンラインショッピングだとそれが顕著であり、
オンラインで個人のECサイトよりはAmazonといった、
大規模なオンラインショッピングサイトでの購入が多い傾向にありました。

これはオンラインショッピングの場合、値段の比較が簡単であるのと、
値段比較サイトを参考にすることが多いからです。

また、Amazonでもサイバーセールと銘打って、大規模なセールが行われ、
様々な製品が50%近く値引きされていたりと、商品を選びやすいです。

実店舗の商品ともスマホで比べることができます。

このように、ブラックフライデーではオンランショッピングでの市場規模が
年々でかくなってきております。

Amazonのサイバーマンデーは日本でも行われるので、
世界展開もしやすいです。

このように今後ブラックフライデーはネットを中心に
さらに拡大していくことが予想されます。

Advertisement

ブラックフライデーの市場規模を解説しますのまとめ

ブラックフライデーの市場規模についてはお分かりいただけたでしょうか?

ブラックフライデーは年々市場規模が大きくなっていますが、
その中でもオンラインショピングが大きな市場規模になってきています。

オンラインなら日本でもブラックフライデーに参加できますし、
欲しい商品がある場合、参加してみてはいかがでしょうか?

マーケティングカテゴリの最新記事