転勤の少ない業界や業種は?

  • 2020.12.01
  • 更新日:2020.12.06
  • 仕事
転勤の少ない業界や業種は?

春には様々な理由から新生活が始まるという人も多いと思います。

理由には進学や就職などもありますが、もう一つ多いのが転勤ですね。

転勤は新しい環境で仕事ができる嬉しさもありますが、
慣れなければいけないことも多いので大変さもあります。

転勤は好き嫌いが分かれるので、人によっては転勤の少ない業界が知りたい人も多いでしょう。
ここでは、そんな転勤の少ない業界について解説をしていきます。

Advertisement

転勤の少ない業界を解説していきます!

転勤の少ない業界や業種は?

世の中には仕事は山のようにあり、転勤の多い業種、少ない業種がもちろんあります。

仕事を始めてから転勤が多くて嫌だなぁや、
むしろ転勤したいなぁと思わないようにするために、
ある程度仕事の情報としては知っておくべきでしょう。

Advertisement

ここでは、転勤の少ない業界を解説していきます。

転勤の少ない業界としては。地域に根ざした業界というのは比較的転勤は少ないと思われます。

そのような仕事としては以下のようなものがあります。

・インフラ関係の仕事

水道や電気、ガスなど地域に管轄をしている業界では、
転勤をしたところで仕事も変わらないですし、転勤をする必要がありません。

ですので例えば地元で仕事がしたいなぁと思った場合には、
インフラ関係の資格などを取っておくと就職にも有利ですね。

また同様にインフラ関係としては地域の私鉄というのもあります。

鉄道会社の仕事というのは意外と多岐にわたります。

駅員や運転手以外にも観光や事務など普段目につかない仕事もたくさんありますし、
地域に根付いた仕事をしたい場合にはオススメです。

・地銀(地方銀行)

比較的転勤が少ないものでいいますと地銀もあります。

メガバンは転勤や出行が多い業界の代名詞のようなイメージですが、
地銀は実はそこまで大きな転勤はありません。

市内や県内では多少転勤はありますが、そこまで大きな転勤をすることはありません。

そして地銀にもよりますが、地方でも比較的給料も高いので、
地元で給与面で譲れないという人にはオススメでしょう。

・医療職

専門職として、医療職も転勤が少ないです。

全国的に展開をしている病院の場合は転勤はないこともないですが、
市の病院や、地域の病院の場合は転勤はないです。

そして転勤もないですし、
逆に希望があれば全国どこでも働き口があるというメリットがあります。

筆者の場合、妻が医療関係の仕事をしていますが、
結婚を機に筆者の地元に移ることになりました。

筆者の地元は田舎なのですが、妻はすぐに仕事を見つかったのが大変助かりました。

このように全国どこでもすぐに働けるというのは医療系のお仕事の強みです。

・公務員

公務員は色々な形態があるので、転勤が多いものや少ないものもあります。

県の職員の場合、職場は県全体になるので転勤は多いと言えるかもしれません。

筆者の場合、都に勤めている友人が東京の離島に勤務になったこともあります。

筆者は田舎の方が好きなので羨ましかったですが、友人は嫌がっていましたね笑

転勤の少ない公務員としては市の職員、つまり地方公務員になります。

役所や教員などは管轄が決められているので、市内の転勤はあっても大きな転勤はありません。

公務員は安定性もあり今の時代人気は当然高いです。

公務員を目指すにはしっかりと準備をしていておきましょう。

このように転勤の少ない業界はあります。

もし今後仕事を考えていく人は、参考にしてみてくださいね。

Advertisement

転勤も悪いもんじゃない!?転勤のメリットも紹介!

転勤の少ない業界や業種は?

転勤ですが、実は意外と悪いもんでもないです。

続いて、転勤のメリットも紹介していきます。

・心機一転仕事ができる

転勤によって新しい環境で仕事ができるのは、
覚えなくてはいけないことが多い反面、気分をリフレッシュして仕事に取り組めます。

ずっと同じ仕事だと退屈をしてしまいますしね。

仕事が飽きっぽいという人にはむしろいいかもしれませんね。

・人間関係を新しく築ける

仕事をしていると当然合う人合わない人は出てきます。

特に合わない人と一緒にするのはストレスも溜まります。

転勤によってそのような人とも別れることができますし、
パワハラなどの事情からも仕事を辞めることなく離れることもできます。

Advertisement

・貴重な体験をすることができる

例えば全国的な転勤がある場合にはその土地の生活を体験することができます。

雪国に住んだり、離島に住んだりと、その土地に日常を体験することができるのは貴重ですね。

また商社や外資企業の場合は、当然海外への転勤もあります。

海外で生活は普通できませんし、そのような生活も楽しそうですね。

・手当がつく

一般的に転勤の場合は、転勤手当や地方手当が付くこと多いです。

なので給与的には増えることになりますし、
地方の場合は生活費も安くなるのでお金は浮くことが多いです。

このように転勤は楽しめる人には良い制度だと思います。

絶対に転勤が嫌ならしょうがないですが、あえて転勤が多い業界を選ぶのもありですよ。

Advertisement

転勤の少ない業界や業種のまとめ

転勤の少ない業界や職種についてはおわかりいただけたでしょうか?

転勤の少ない業界や業種はありますので、
そのような仕事を選べば転勤なく生活ができるでしょう。

しかし、その反面転勤にもメリットがあるので、楽しめる人には楽しめるでしょう。

どちらが好きかはその人次第ですので、
ぜひ自分の適正に合わせて仕事を選んでくださいね!

仕事カテゴリの最新記事